患者さんに選ばれる8つの理由が当院にはあります
診療時間 日祝
9:00~13:00
14:00~17:30

祝日がある週の木曜は診療致します

ホームページを見たとお伝え下さい


院長の想い

歯科医師を目指したキッカケ

駿河デンタルオフィス院長八田の口腔内チェック画像

歯科医師の使命とは?

何かとストレスの多い現代社会において、「健康」とは幸せな人生のためのとても大切なファクター。誰しも、「健康」を手に入れたいけれど、身近でありながらも、実際にはこれほど得難いものはないかもしれません。

私は歯科医師として、たくさんの患者さんと接してきましたが、皆さん例外なく、「健康」になりたいと願っています。患者さんの「健康」に関与するうえで、歯科医師ができることは、大変多いといえます。それは、「予防」であり「治療」であり「メンテナンス」です。

歯やお口の健康は、全身状態を大きく左右することも少なくなく、その意味でも歯科医師の存在意義や社会的使命は、今後ますます大きくなっていくことでしょう。
 

私が歯科医師を志したワケ

私の実家は歯科医院を開業していました。歯科医師である父の背中を見て育ったわけで、「将来はお医者さんになって世の中の役に立つんだ」と、子ども心に夢を抱いていました……と言いたいところですが、実際には、高校を卒業するまで、歯科医師の道に進むことにあまり積極的ではなかったのです。

もちろん、父の仕事を近くで見て、「医療というのは、大変だけどやりがいのあるものなんだな」とは思っていましたが、自分がそんな志の高い仕事につくなんて、現実問題として思えなかったのです。ですから、今思えば「何となく」歯学部に進学した、といっても間違いではないかもしれません。

正直に言えば、あまり気乗りのしなかった歯学部ですが、入学してからの勉強は大変興味深いものでした。人間の身体とその機能などを学ぶうちに、歯の健康がいかに重要なものなのかが分かってきて、いつのまにか「歯科学」は私を魅了していたのです。

院長の学生時代の写真
院長の学生時代の写真
卒業し、歯科医師となって現場に出ると、学生時代には遭遇しなかったいろいろな問題に直面しましたが、どんなときも「理想的な歯科医療とはどんなものなのか」を考えながら、患者さんと接してきました。

そんななかで、私の心にひとつの「夢」が芽生えたのです。
それは「歯科医療というアプローチを通じて、自分自身にかかわるすべての人の健康と幸せの実現をお手伝いし、さらに社会に対しても貢献をすることで、この世の中をよくしていきたい」というものでした。そして「健康な毎日と幸せ」、これは同時に多くの患者さんの夢でもあるはず。駿河デンタルオフィスは、この「夢」を実現するための歯科医療機関のひとつの理想型になれればと考えています。

私が考える「理想の歯科医療」

さて、「真に健康になるための歯科医療」、そのために私が考えていることをお話しましょう。
これは、駿河デンタルオフィスの理念でもありコンセプトでもあります。

私が考える「正しい歯科医療」とは、
最も大切なことは『虫歯や歯周病にならない健康な口内環境をつくる』こと
そのうえで、治療が必要であれば『適切な治療がされる』こと
そして治療が終了してからは『継続的かつ丁寧なメンテナンスでQOL(クオリティ オブ ライフ=生活の質)の向上に貢献する』こと

『適切な治療』とは

  • 正しい診断・処置方法・生体材料(歯科材料)を使用し再治療の可能性が少ない治療
  • 良い生体材料(歯科材料)とは、歯に近い成分と性質を持ち、美観にも優れ、体に優しい材料のこと

つまり、再治療になりにくい、『長持ちする治療』が適切な治療であると考えています。

「お口の健康から、全身の健康へ」
これは私が好きな言葉なのです。
実は歯科疾患と全身の疾患にはかかわりがあります。

歯科疾患と関連のある疾患

特に歯周病と全身疾患には密接な関係があります 歯科疾患の予防は全身疾患の予防につながる

つまり歯科疾患の予防は全身疾患の予防につながる。歯の健康が全身の健康につながるのです。
その意味は、「健康だからこそ手に入る豊かな人生。そのためには歯の健康をもっともっと大切に考えましょう」ということでもあります。
美味しい食事を味わい、口を開けて大笑いする、そんな何気ないことさえ、歯の健康なくしてできないのです。

予防、治療、メンテナンス、これらは歯科医療の重要な仕事ですが、本当のことを言えば、治療をするための歯科医院・歯医者が必要ない世の中にできたら、どんなによいだろう、と思うことさえあります。すべての人が、歯の健康をもっと大切に考えるようになり、虫歯や歯周病が「過去の病気」になる…、歯科医院を訪れる理由は『治療』ではなく『もっと健康になるため』そんな世の中になったら、どんなに素晴らしいでしょう。そのために、自分自身が今出来ることを妥協なく行っていく…。それこそが私の考える「理想の歯科医療」なのです。

駿河デンタルオフィスの診療コンセプト

駿河デンタルオフィスのこだわり

駿河デンタルオフィス 顕微鏡歯科治療&ペリオ・インプラントセンターそれはなんと言っても、「治療効果の永続性」、すなわち「長持ちする治療を行う」ということです。

その場限りの対症療法的な治療は、本当の意味で歯の健康には結びつきません。せっかく治療するのなら、取り戻した健康をいつまでも維持していただきたい。それが私たちの願いなのです。
「永続性ある治療」を行うために、欠かせないことはたくさんありますが、まずは「時間をかけた丁寧な治療」が挙げられるでしょう。問診表に始まり、実際に患者さんのお顔を見ながら、現在の悩みや症状をヒアリングします。

さらに当院では歯科医院としては珍しい「マイクロスコープ(治療用顕微鏡)」を導入し、患部からの情報を可能な限り正確に細かく把握するようにしています。多くの情報をもとに丁寧な治療を行うため、時間もある程度かかりますが、質の高い医療のためには、当然のことだと考えています。

「患者さんにとっての負担を最小限にする」ことも重要です。できるだけ「痛くなく」、極力「歯を抜かずに」、またなるべく「削らずに済む」治療を目指しています。

もちろん歯科領域の病気は千差万別であり、やむを得ず抜歯をしたり削る必要が出る場合もないわけではありません。そのようなケースでは、患者さんが理解し、納得いくまで何回でもしっかりと説明をし、患者さんが安心して治療を受けられるよう努めています。
また、詰め物や被せものなどの歯科材料だけでなく、歯を削るドリルのバーや歯型をとるときの型どり材(印象材)などの質にも徹底的にこだわり、高い精度と永続性を求めています。

時間をかけた丁寧な治療

駿河デンタルオフィス歯科医師森川の口腔内説明の画像
よりよい治療を行うためには、患者さんのお口の中の状態を正確に把握することが重要です。
そこで、当院ではマイクロスコープを導入しました。マイクロスコープで患部を拡大すると、得られる情報量が肉眼よりはるかに多くなります。
情報量が増えれば、当然治療にも時間がかかります。
患者さんのためによりよい治療をするのなら、ある程度時間がかかるのは当然。

当院では、しっかり時間をかけて丁寧に治療をすることで、結果的に長持ちして再治療になることが少ない自由診療をおすすめしています。

患者さんの負担を減らす

当院では、「できるだけ痛くない治療」「歯を抜かない治療」「削らない治療」を常に目指しています。
しかし、歯科治療は必ずしも理想どおりにいくとは限りません。
実際には、削ったり抜いたりする治療が必要になることもあります。

そのため当院では、歯を削るのであれば、できるかぎり精度の高い詰め物・被せ物を入れるように、歯を抜く必要があるのであれば抜歯することのメリットやデメリットを患者さんが理解し納得するまで正しく伝えることを大切にしています。

お口の中、そして身体全体をトータルに診ることの大切さ

マイクロスコープを使用して口腔内をチェックしている画像
歯やお口の中の病気とひと言で言っても、その種類や症状はさまざまであり、病変(病気の部分)が歯に限局しているものもあれば、歯茎まで広がっているものもあります。また、口腔外科領域の病例では、噛み合わせが顎関節症の原因であったりと、診断においては、できる限り広い視野で身体をトータルに診ることが大切です。

また、歯科治療を開始するにあたって、患者さんに何らかの内科的事情がある場合(糖尿病や骨粗しょう症などの持病があるなど)、当院では、他科との連携も重視しながら、最適な治療を進めていきます

当院の滅菌へのこだわり

当院の滅菌へのこだわり

安心・安全な医療を提供するために駿河デンタルオフィスでは充実した設備を完備しております。

詳しくはこちら>>

 

健康を維持できることの価値

日本では国民皆保険制度がとられているため、国民は一定の医療を等しく受けることができます。しかし、この制度には限界があるのも事実で、特に歯科医療においては、保険診療の範囲では十分な治療が遂行できないという実態が日常的に起きています。

たとえば、銀歯による治療(保険診療)とセラミックによる治療(自由診療)を比較してみましょう。
まず費用。これは当然のことながら、銀歯による治療のほうが安価で済みます。しかし、審美性や生体親和性といった面では、セラミック治療が圧倒的に優れており、治療後の細菌の付きにくさにおいても、セラミック治療は銀歯に比べて有利なため、永続的な治療結果を求めるのであれば、自由診療を選択するべきであることがわかります。

銀歯の治療とセラミックの治療の比較の画像

費用が安いからといって、永続的にもたない治療を選び、結果、数年単位で再通院を繰り返すというのでは、何のために治療を受けたのか分かりませんし、場合によってはトータルの医療費がとてつもなく高くついた、というケースも珍しくありません。仮に20万円の治療費がかかったとして、それを10年間で換算すれば、1日当たり約55円、1食当たり約18円です。

当院の考える自由診療の費用というのは、詰め物や被せ物にかかるコストではなく、「長きにわたって歯の健康を維持・管理するためのコスト」です。そして、自由診療は、治療方法や使用する素材に制限がなく、時間もたっぷりかけられるため、治療を受ける患者さんに最善と考えられる治療を提供することが可能です。当然、保険診療よりも丁寧な治療が実現します。

もちろん、保険診療を完全否定するものではありません。歯を抜く処置や歯科用プラスチック(コンポジットレジン)を詰めることで済むような軽度の虫歯の治療や、歯周病の治療のための歯石の除去などは保険内でも十分な効果が得られます。
単にお金をかければよいというものではなく、症状に応じた最適なアプローチをとるべきなのはいうまでもありません。

しかし、健康な歯を維持するため・歯の寿命を延ばすために必要に応じて自由診療を選択肢に入れるということ……。皆さんには、そのことを知っておいていただきたいと思うのです。

また最大限の治療結果が出るよう努めておりますが、医療・医学は万能ではないため残念ながらご期待に添えない結果となることもあることをご理解ください。
 

駿河デンタルオフィス専用のアプリダウンロード

治療のご予約や不明点、
ご相談がございましたら
お気軽に下記TEL・メール相談フォーム
からお問い合わせください

ホームページを見たとお伝え下さい

診療時間 日祝
9:00~13:00
14:00~17:30
祝日がある週の木曜は診療致します

2017/01/09