患者さんに選ばれる8つの理由が当院にはあります
診療時間 日祝
9:00~13:00
14:00~17:30

完全予約制   祝日がある週の木曜は診療致します

ホームページを見たとお伝え下さい


根管治療

重度の虫歯でも歯を抜かずに済む方法
大切な歯を残す「根管治療」

「根管治療(こんかんちりょう)」とは、重度の虫歯を改善するために行う歯の神経の治療です。
歯の根の中にある神経や血管の入った管を「根管」と言い、この根管は重度の虫歯になると虫歯菌に冒されてしまいます。
そうなった場合、抜歯が必要になることもあり、抜歯後は入れ歯やブリッジやインプラントを入れるなどして、かむ機能を回復させることができますが、本物の歯に勝るものはありません。
できるだけ自分の歯を残すほうがいいのです。

当院では、根管治療を行うことで歯を残せる可能性がある場合は、根管治療をおすすめしています。
なお、保険を適用した根管治療では使用できる機械・器具および薬剤に制限があります。

大切な歯を長期的に問題なく残し、機能させるには保険診療の根管治療では限界があります。そして残念なことに保険診療における根管治療の成功率は決して高くありません。(=再治療が多い傾向にあります)下記の『日本の保険診療における歯内療法(根管治療)の現状』の保険診療の請求データからもそのことがわかると思います。
成功率が高く、大切な歯を残すための最善を尽くす精度の高い根管治療を希望される方は精密根管治療(マイクロエンド)をすることをおすすめします。(※自由診療となります)

保険診療での成功率は残念ながら高くありません。仮に成功率が高ければ「抜髄」よりも「感染根管処置」が少ないはずです。「抜髄」が成功していれば「感染根管処置」はする必要はありません。「抜髄」処置をする時に根管内に細菌が入らないような配慮があれば成功率はもっと高いはずです。

根管治療の失敗の原因は『無菌的な処置』つまり、ラバーダム防湿、滅菌された器具を使う、徹底した虫歯の除去というものが守られていないことが多いためです。
残念ながら神経(歯髄)をとった歯の根管内は免疫が働きません。そこに対して『無菌的な処置』が行われないということは感染の拡大に繋がります。
根管治療とは感染の除去が目的の治療です。

※よくある根管治療に対する質問はこちらをご覧下さい

院長八田とペンシルバニア大学(アメリカ)の歯内療法学講座 准教授のDr.Kratchman(クラッチマン先生)のマイクロエンドコースの時の写真

院長の八田はペンシルバニア大学(アメリカ)の歯内療法学講座 准教授のDr.Kratchman(クラッチマン先生)のマイクロエンドコースを受講しております。
※左がDr.Kratchman 右がDr.Atlas(アトラス先生)=ペンシルバニア大学 予防修復科学講座 臨床教授

 


院長の八田はペンシルバニア大学(アメリカ)の歯内療法学講座 臨床教授のDr.Matin Trope(マーチン・トロープ先生)のマイクロエンドコースを受講しております。

※Dr.Matin Trope(マーチン・トロープ先生)は根管治療の失敗の原因がコロナル・リーケージであることを解明された先生であり、多くの歯内療法専門医が好んで使用するニッケル・チタンファイルのRace(レイス)の開発者であり、近年の根管治療に革新的な変化をもたらしたXPエンドシェイパー・XPエンドフィニッシャーの開発者でもあります。

根管治療の種類

抜髄(ばつずい) 歯の神経まで虫歯菌に冒されてしまった場合に行う、神経を取る処置です。
そのまま放置すると神経が死んでしまい、歯の根の先に膿が溜まってさらに病状が悪化します。
※2018年現在『抜髄』はほとんど行っておりません。神経(歯髄)が生きている場合は虫歯が深くてもMTAを活用したVPT(Vital Pulp Therapy 生活歯髄療法)を優先し歯髄の保存に努めております。
感染根管治療 以前に根管治療を行った歯を再治療する場合、あるいは神経が死んでいる場合などに行う、根管の処置です。
根管が感染している状態になっていることから、治療の難易度は高めです。
外科的歯内療法 虫歯菌が歯の根の周囲の骨にまで感染して炎症が進んでしまったときなどに行う処置です。
歯ぐきを切開して根の先の感染した部分を切除・除去し、詰め物(MTAなど)でふさぎます。

根管治療に使用する器具

当院では根管治療の際に以下の機械・器具を使用して、精度の高い治療に努めています。

ラバーダム防湿
治療をする歯あるいはその近くの歯にとりつけるゴム製のシート(様々な色があります)が「ラバーダム」です。
根管治療やVPT(Vital Pulp Therapy 生活歯髄療法=神経を残す処置)を行うときも無菌的処置(根管内や歯髄に菌を入れない配慮)を行う必要があります。
根管治療においては根管内の細菌の除去・減少が目的であるため無菌的処置ができなければ長期的な症状の改善は困難であり、再発傾向が高いです。
治療中に患部が細菌感染するのを防ぎます。唾液の中にも細菌がいるため、唾液が入るのを防ぎます。また、根管治療に使用する薬材をお口の中にたれ流すということがおこりにくいため安心です。
また、治療中の器具の誤飲を防ぐ効果【事後防止策】にもなります。
治療中の歯だけに集中することができるため、術者の集中力も増します。
※鼻で呼吸できない方は、適応できないこともあります。

残念ながら根管治療時に一般歯科医の9割以上、歯内療法学会の会員ですら7割以上がラバーダムをしていないという現実(歯内療法学会のデータ)があります。ラバーダムをしないほうが根管治療の成功率は下がる傾向にあります。ラバーダムをしないで根管治療の成功率が上がることはまずありません。

マイクロスコープ(治療用顕微鏡)
当院のマイクロスコープは
カールツァイス社製です カールツァイス社のマイクロスコープを2台設置してあります。

マイクロスコープ

根管内は非常に複雑な構造をしており、肉眼では確認できません。
マイクロスコープを使用することで治療箇所を拡大でき、肉眼では見えなかった部分まで確認しながら治療できます。
なぜ、カールツァイス社製のマイクロスコープを採用しているかを知りたい方はこちらへ

根管の中の状態の見え方の違い

肉眼の場合 ルーペ(拡大鏡)の場合 マイクロスコープの場合
チェアライトとヘッドマウントライトとマイクロスコープの比較

a.肉眼と通常のライトの明かりだけでは、目線(視軸)と光軸(ライトの方向性)のずれが大きいため根管の入り口あたりまでしか見ることができません。
b.ルーペ(拡大鏡)とヘッドマウトライト(拡大鏡専用の明かり)を使用した場合、肉眼の時よりは根管の中のほうまである程度は見ることができます。ただし、目線(視軸)と光軸(ライトの方向性)とのずれもややあるため根管の奥までは光は届きません。
c.マイクロスコープを使うと目線(視軸)と光軸(ライトの方向性)がほぼ一致するため、直線状のところまでは観察が可能です。

歯科用CT

歯科用CT歯科用CT2

根管の状態や形態を3次元的に把握するために必要に応じてCTを撮影します。
歯科用CTについて
詳しくはこちら>>

ニッケルチタンファイル
(ProTaper GOLD Rotary Files、Vortex Blue Rotary Files、PathFile、HyFlex CM Rotary Files)
ptg-vb
hff

※ProTaper GOLD Rotary FilesおよびVortex Blue Rotary FilesおよびPathFileおよびHyFlex CM Rotary Filesは非常に優れたニッケルチタンファイルですが、日本国内で販売はされておりません。
ProTaper GOLD Rotary Filesについて詳しく知りたい方はこちらへどうぞ(英語のサイトです)。Vortex Blue Rotary Filesについて詳しく知りたい方はこちらへどうぞ(英語のサイトです)。PathFileについて詳しく知りたい方はこちらへどうぞ(英語のサイトです)。HyFlex CM Rotary Filesについて詳しく知りたい方はこちらへどうぞ(英語のサイトです)

根管充填材 (Bioceramic=バイオセラミック)
(EndoSequence BC Sealer、EndoSequence BC Points、EndoSequence BC RRM-Fast Set Putty)
bc
bcputty

※EndoSequence BC SealerおよびEndoSequence BC Points、EndoSequence BC RRM-Fast Set Puttyは根管充填材として通常使われているガッタパーチャよりもはるかに生体親和性の高いMTA系の根管充填用シーラー・根管充填材です。
非常に優れた材料ですが、日本国内で販売はされておりません。※保険診療では使用できません
EndoSequence BC Sealerについて詳しく知りたい方はこちらへどうぞ(英語のサイトです)
EndoSequence BC Pointsについて詳しく知りたい方はこちらへどうぞ(英語のサイトです)
EndoSequence BC RRM-Fast Set Puttyについて詳しく知りたい方はこちらへどうぞ(英語のサイトです)

根管洗浄用装置(ジロソニック+リスピソニック、ProUltra PiezoFlow、P-Max、ProUltra Endo System)
ジロソニック・リスピソニック ProUltra
clean_equipment03  ProUltra

※ProUltra Piezo FlowおよびProUltra Endo Systemは非常に優れた根管洗浄装置ですが、日本国内で販売はされておりません。

根管洗浄材(ウルトラデントEDTA、クロルシッドJ、QMix 2in1、BioPure MTAD)
ウルトラデント EDTA18% クロルシッドJ
clean_material02

※QMix 2in1およびBioPure MTADは優れた根管洗浄材ですが、日本国内で販売はされておりません。

通常の根管洗浄には『1〜6%の次亜塩素酸ナトリウム』と『17〜18%のEDTA』で行います。

より効果的な感染の除去を行うためには『Q-Mix』や『MTAD』を使い根管洗浄します。

MTA(Mineral Trioxide Aggregate)

『Pro Root MTA』がオリジナル(先発品)の『MTA』です。『Pro Root MTA』の特許が切れたため、各社が後発品のMTAを販売するようになりました。
オリジナル(先発品)の『MTA』である『Pro Root MTA』の組成が下の図のとおりです。ポルトランドセメントを歯科用に改良したのがわかります。

工業用のポルトランドセメントには人体で使うことを想定していないため、人体にとって有害な成分が含まれてたり、硬化時間・操作性・レントゲンの造影性など様々な問題があります。
歯科用の『Pro Root MTA』は歯科治療に使用しても問題ないよう様々な改良・工夫がされていて生体親和性の優れた歯科材料となっております。
MTAはVital Pulp Therapy時の『歯髄の保存』だけでなく、根管治療時にも活用できる水硬性のセメントです。
ProRootMTAの実売価格は1グラムあたり約8000円です。ただし、実際に使う量はほとんどの場合0.5グラム程度(約4000円)です。だいたい金(Gold)1グラムと同じくらいの値段です。

MTAの主な特徴は下記のとおりです。文献的に下記のことが証明されています。文献の裏付けになったMTAのほとんどは特許が切れた後の後発品ではなく、オリジナル(先発品)の『Pro Root MTA』です。

院長の八田がMTAの開発者であるロマリンダ大学(アメリカ) 歯内療法学講座 教授のDr.Torabinejadと一緒に写っている画像

院長の八田はVital Pulp Therapyに使用する『MTA 』の開発者であるロマリンダ大学(アメリカ) 歯内療法学講座 教授のDr.Torabinejad(トラビネジャッド先生)から直接、本当に正しいMTAの使用法を教わっています。
※右がDr.Torabinejad(トラビネジャッド先生)

dr-hatta-j-bogen

院長の八田はMTAマスターであるDr.Bogen(ボーゲン先生) <歯内療法専門医・Queensland大学(オーストラリア)歯内療法学講座 教授>から直接、各種MTAの使い分け・使用法・活用法を教わっています。(2018年現在、約30〜40種類のMTAが販売されています。MTAといっても1種類ではなく沢山の種類があります。種類によって特徴が異なります。)
※左がDr.Bogen(ボーゲン先生)

ラバーダム
マイクロスコープ
ニッケルチタンファイル
MTA、Bioceramic
などを使った成功率の高い根管治療は
自由診療にて行います

院長八田がマイクロスコープを使用している画像

当院では、感染を防いで安全に確実に長持ちさせるための治療を行うためには、ラバーダムやマイクロスコープ、ニッケルチタンファイル、超音波洗浄装置などが欠かせません。
当院の自費の根管治療(=精密根管治療・マイクロエンド)には海外(特にアメリカ)で一般的に使用されていて、日本で発売されているものよりも効果や有効性の高い薬剤や歯科材料・器具・機械を使用しております。(日本では未認可の為、保険適用の根管治療では使用できません。)
※保険診療では、日本の薬事法に通った薬剤・歯科材料しか使用できません。がんの治療に海外で一般的に使用され有効性の高い薬であっても、その薬が日本では認可が通っていない場合は未認可の為自由診療となるのと同じです。
根管治療は歯の寿命を左右する重要な処置です。
健康な状態を長く保っていただくためにも、最善を尽くす自由診療での根管治療(=精密根管治療)をおすすめします。

根管治療を受ける際の3つの注意ポイント

根管治療前と後の比較をディスプレイに表示している画像
1.唾液や細菌が入らないようにする(唾液の中にも細菌がいるため)

無菌的に治療を行うために、治療中に患部(根管の中)に唾液などが入ることを防ぐ必要があります。
頻繁にうがいをすると唾液が出やすくなるため、根管治療中のうがいは原則的に避けていただきます。

2.治療は口を開けたまま行う

根管治療は、お口を開けたままの状態で行います。治療中に顎が疲れてしまう方もいるかと思いますので、つらいときには我慢せずにお伝えください。

3.痛みが出ることがある

治療をすることによって一時的に痛みが出たり、腫れたりすることがあります。ほとんどの場合は数日でおさまりますので、しばらくは経過を見てください。

※よくある根管治療に対する質問はこちらをご覧下さい

当院での実際の根管治療のステップ(感染根管治療の場合)


診査・診断を行い、歯原性(歯が原因)の場合は歯科治療で治る可能性が高いですが、非歯原性の(歯が原因でない)場合は歯科治療で治る可能性は基本的にはありません。歯が原因でなくても(非歯原性であっても)歯に痛みや違和感が出ることがあります。そのため最初の診査・診断が非常に重要になってきます。
下記の治療ステップは歯原性(歯が原因)の場合のものです。

精密根管治療(マイクロエンド)〜補綴(ほてつ)治療の流れ【治療のステップ】

※必要に応じてデンタルX線撮影だけでなくCT撮影も行うことがあります。

※歯肉縁下に(歯茎より深い位置まで)虫歯がある場合は隔壁作成後にラバーダム防湿を行います。

※歯肉縁下に(歯茎より深い位置まで)虫歯がある場合は隔壁作成後にラバーダム防湿を行います。

【副作用・リスク】神経のある生活歯ではなく、神経を除去してある失活歯のため生活歯よりは将来的な破折リスクがあります。
精密根管治療(マイクロエンド)の治療回数は前歯・小臼歯では1〜2回、大臼歯では2〜3回となることが多いです。1回あたりの治療時間は90〜120分です。

※治療費は税抜きです。精密根管治療(マイクロエンド)の治療回数は前歯・小臼歯では1〜2回、大臼歯では2〜3回となることが多いです。1回あたりの治療時間は90〜120分です。
※※精密根管治療(マイクロエンド)での根管充填は原則として『MTA・バイオセラミック』を使用します。
※※※保険診療ではMTA・バイオセラミックを使うことが出来ないため『従来のシーラーとガッタパーチャポイント』を使用します。
それぞれの特徴は下記のとおりです。
MTA・バイオセラミックを根管充填材として使用することの特徴として硬化膨張することによって隙間ができにくいこと、歯を構成する象牙質と接着することで歯質が強化され破折リスクが下がること、生体親和性が高いこと、殺菌効果もあることなど、良いことがほとんどです。良いことが多いですが、残念ながら保険診療では使うことが出来ません。

保険診療で使うことができるのは『従来のシーラーとガッタパーチャポイント(=ガッタパーチャの主成分はゴムです)』です。その特徴としては収縮すること=隙間ができやすい、歯を構成する象牙質とはくっつかない=歯質が強化されることはないため歯根破折に対する耐性はない、感染に弱いだけでなく、ガッタパーチャそのものが感染の足場になります。MTA・バイオセラミックと比較すると良いことは安いという以外は殆どありません。ガッタパーチャの主成分がゴムなので、経年的にも劣化していきます。(何年も経過したゴムは劣化することが多いです。何年も経過して劣化しないゴムのほうが少ないと思います。)

当院での実際の治療例

Initial Treatment

 治療前  治療直後 治療後6ヶ月
感染根管治療前 ba_arrow 感染根管治療直後 ba_arrow 感染根管治療後6ヶ月

root_example_img【副作用・リスク】神経のある生活歯ではなく、神経を除去してある失活歯のため生活歯よりは破折リスクがあります。

Retreatment(再治療≒感染根管治療)

【副作用・リスク】神経のある生活歯ではなく、神経を除去してある失活歯のため生活歯よりは破折リスクがあります。

Retreatment(再治療≒感染根管治療)

【副作用・リスク】神経のある生活歯ではなく、神経を除去してある失活歯のため生活歯よりは破折リスクがあります。

Retreatment(再治療≒感染根管治療)

【副作用・リスク】神経のある生活歯ではなく、神経を除去してある失活歯のため生活歯よりは破折リスクがあります。

Retreatment(再治療≒感染根管治療)

根管充填後約6ヶ月で根尖病変の縮小が認められる。
【副作用・リスク】神経のある生活歯ではなく、神経を除去してある失活歯のため生活歯よりは破折リスクがあります。

Retreatment(再治療≒感染根管治療)

【副作用・リスク】神経のある生活歯ではなく、神経を除去してある失活歯のため生活歯よりは破折リスクがあります。

精密根管治療(マイクロエンド)治療費

ラバーダム、マイクロスコープ、ニッケルチタンファイル、MTA、Bioceramicなどを使用した場合

充填・修復・補綴物・ポスト除去  隔壁作成 ¥20,000-~¥30,000-
精密根管治療(マイクロエンド)   前 歯 ¥40,000-~¥80,000-
精密根管治療(マイクロエンド) 小臼歯 ¥60,000-~¥100,000-
精密根管治療(マイクロエンド) 大臼歯 ¥70,000-~¥140,000-
MTAを使用した穿孔封鎖(パーフォレーションリペア) ¥10,000-~¥30,000-
根管内破折器具(ファイル)除去 ¥10,000-~¥30,000-
外科的歯内療法 ¥30,000-~¥70,000-
MTA使用(材料費+技術料) ¥10,000-
相談料(セカンドオピニオン) 10分までは無料 11分以降は有料 ¥2,000-/10分毎

※表示価格は税抜きです。
※『抜髄(≒Initial treatment)』と『感染根管治療(≒Retreatment)』では値段が異なります。 (治療の難易度によって値段は異なります)
※保険の範囲内での根管治療は、初回を除き原則として30分とさせていただきます(自由診療の根管治療は原則として60~90分)。
※予約制のため、予約時間には余裕をもってご来院ください。
※治療途中で放置すると痛みや腫れが出る可能性があり、さらに進行すると歯を残せなくなることもあります。継続的にご来院ください。

駿河デンタルオフィス専用のアプリダウンロード

治療のご予約や不明点、
ご相談がございましたら
お気軽に下記TEL・メール相談フォーム
からお問い合わせください

ホームページを見たとお伝え下さい

診療時間 日祝
9:00~13:00
14:00~17:30
※祝日がある週の木曜は診療致します
完全予約制

2018/12/08