患者さんに選ばれる8つの理由が当院にはあります
診療時間 日祝
9:00~13:00
14:00~17:30

祝日がある週の木曜は診療致します

ホームページを見たとお伝え下さい


ホワイトニング

元の色より白くする「歯の美白」

 

ホワイトニング色の濃い食べ物や飲み物、タバコのヤニなどによって、歯は着色してしまいます。ホワイトニングは、黄ばみやくすみが気になる歯を、削ることなく漂白する方法です。

歯は顔の中でも特に目立つ部分。ホワイトニングなら、黄ばんだ歯を元の色以上の輝くような白さにできます。歯を白くすることは好印象を与えます。日常生活を笑顔輝く白い歯で送ってみませんか。

ホワイトニングには、自宅でマウスピースを装着する「ホームホワイトニング」と歯科医院で光を照射して行う「オフィスホワイトニング」の2種類があり、希望する色調や施術期間などを、都合に合わせて選択できます。
※虫歯が深く、神経を処置した歯に対して行う『失活歯のホワイトニング(ウォーキング・ブリーチ)』というものもあります。ただし、適応範囲は基本的には前歯のみとなります。

ホームホワイトニング

自宅で施術するタイプのホワイトニングです。
歯科医院で作製したマウストレーに低濃度のホワイトニング剤を入れて、数時間装着します。
日数をかけて歯を白くしていくため、理想の白さになるまでは2週間ほどかかりますが、その代わり元の色に戻りにくいというメリットがあります。
 

ホームホワイトニングのメリット・デメリット
 
page22_img05

 

ホームホワイトニングの流れ
ホワイトニングの色比較カウンセリングを行い、患者さまの歯の色のチェックや写真撮影、歯面清掃などを行います。

 

 

 

arrow01

page22_img07トレーを作るための型取りをし、ホワイトニング用トレーをお作りします。

 

 

 

arrow01
ホワイトニングのジェルホワイトニングのトレー

トレーが完成したら、ホワイトニング用のジェルと共にお渡しします。

 

 

 

 

ホームホワイトニングの方法

ホワイトニングトレーにジェルを注入している様子

トレーにジェル(薬剤)を注入していきます。
ジェルの量の目安は1歯で米粒1粒
上の前歯や糸切り歯など大きめの歯には米粒2粒ほどの量を入れてください。

 
 
 
 
 
 
 

ホワイトニングの機材

 
arrow01

ホワイトニングトレー装着の様子トレーを装着します。
トレーからはみ出したジェルはティッシュや綿棒などで拭き取ってください

トレーを装着した状態で、1時間から2時間ほどそのままお待ち下さい。
※その間飲食は控えてください。

 
 
 
 
トレー装着の前には必ず歯磨きをしてください。フロスなどを用いて歯と歯の隙間の汚れも落としていただくことをおすすめします。
arrow01

ホワイトニングトレーを洗っている画像トレーを外したら、歯ブラシを使い水洗いをし、残っているジェルを洗い流してください。

 

 

 

 

 

 

トレーを外した後は、歯磨きをしてください。page22_img15
歯と歯の間に残ったジェルを取り除くためフロスを使っていただくことをおすすめします。

 

 

 

 

 

arrow01

ホワイトニングトレーはケースの中にしまってくださいトレーを乾燥させてから、
専用のケースに入れてください。

 

 

ホワイトニングのジェル ジェルが残っていたり、水分が残っているとトレーの劣化につながります。使用後はきちんと洗浄・乾燥し、保管なさってください。
ジェルは冷蔵保存!!
ホームホワイトニングの注意点

ホワイトニング後、しみる症状がでる可能性があります。

page22_img19しみる症状がある場合には、薬剤の量を少なくしたり、
トレー装着の時間を短くするなどの調節をしてください。

しみる症状が強い場合には、無理に連続して使用せず、
一旦使用を中断して下さい。

 

 

 

ホワイトニングのジェル

当院ではしみにくくする薬剤の販売も致しております。

薬剤の濃度の高い方などには併用して使用していただくことをおすすめします。

使用方法は、ホワイトニングの薬液と同様です。

詳しくはスタッフにおたずねください。

しみる症状が軽減しない場合には、ご相談ください。

治療費(表示価格は税抜きです)

ホームホワイトニング ¥20,000-~¥32,000-

オフィスホワイトニング

歯科医院で施術するタイプのホワイトニングです。
高濃度のホワイトニング剤を歯に塗布して、特殊な光を照射することで歯を白くします。
たった数回の施術で理想どおりの白い歯が手に入りますが、その反面で元の色に戻りやすいというデメリットもあります。

page22_img05

オフィスホワイトニングの流れ
オフィスホワイトニングの色比較カウンセリングを行い、患者さまの歯の色のチェックや写真撮影、歯面清掃などを行います。

 

 

 

 

arrow01

ホワイトニングを始める直前に、使用する薬剤を混合していきます。ホワイトニングを始める直前に、使用する薬剤を混合していきます。

 

arrow01

ホワイトニングジェルを塗っている画像歯茎や唇に薬剤がつかないようにガードをしていきます。

 

 

 

 

オフィスホワイトニングの方法 当院で使用するホワイトニングの薬剤
駿河デンタルオフィスで使用しているホワイトニング薬剤 オパールエッセンスエクストラブースト オパールエッセンスエクストラブースト

ライト照材が不要のホワイトニング薬剤です。
ホワイトニング薬剤は新鮮さが重要です。
オパールエッセンスエクストラブーストは使用直前に液を混合するため、常に新鮮な状態を保つことができ、
最大のホワイトニング効果が期待できます。

過酸化水素  38~40%
オパールエッセンスエクストラブーストを塗っている画像薬剤を歯面に塗布し、5分に1回歯面の上で薬剤を混ぜ合わせます。
15分を1セットとし、2回~4回ほど繰り返します。

ホワイトニング後しみる症状が出る可能性があります。その場合には、しみにくくする薬剤を塗布したり、ミネラルパックなどを行います。

 
 
ホワイトニング後の注意点

ホワイトニングの注意点

治療費(表示価格は税抜きです)

オフィスホワイトニング ¥10,000-~¥17,000-

ホワイトニングQ&A

qa_questionホワイトニングはどのくらい持つの?
qa_answer残念ながら永久的ではありません。

個人差はありますが、ホームホワイトニングでは半年~1年ほど、
オフィスホワイトニングは3カ月~半年ほどになります。

しかし、丁寧なケアをすることで効果は長持ちします。
タッチアップといって、再度ホワイトニングを行ったり、定期的な歯科医院でのチェックなどをおすすめします。

▲Q&A一覧へ戻る

qa_questionホワイトニングの薬剤は安全なの?
qa_answer適正な使用方法をしていれば、体に悪影響はありません。

しかし、妊娠中の方、授乳中の方などは使用を避けた方がいい場合もございます。

▲Q&A一覧へ戻る

qa_questionホームホワイトニングは毎日やるの?
qa_answer毎日続けていただくと効果はより良く出やすくなります。

しかし、しみる症状がでる可能性もありますので、
毎日~1週間に3、4回程度を目安に続けていただくことをおすすめします。

▲Q&A一覧へ戻る

実際のホワイトニング症例

ホワイトニング前   ホワイトニング後
whitening_example_1before ba_arrow whitening_example_1after
ホワイトニング前   ホワイトニング後
whitening_example_2before ba_arrow whitening_example_2after

ホワイトニングを希望される方へ

ホワイトニングは
歯を削ったり傷めたりすることなく白くすることができる画期的な方法です。歯が白くなるだけで、あなたの印象は明るく変化するはずです。
しかし、ホワイトニングの適用とならない場合もございます。
白い歯の画像

以下のような場合、ホワイトニングの適用とはなりません。

◆ホワイトニングをする箇所に樹脂やセラミックなど
 人工の詰め物やかぶせ物をされている方
ホワイトニングが適用できない例1

 

 

 

 

ホワイトニングが適用できない例2

 

◆重度のテトラサイクリン歯の方

 

 

その他にも場合によってはホワイトニング適用外となるケースがございます。
ホワイトニングをお考えの方は一度ご相談下さい。

失活歯のホワイトニング(ウォーキング・ブリーチ)

実際の治療例

神経を処置した歯のホワイトニング(変色した歯のホワイトニング)1
神経を処置した歯のホワイトニング(変色した歯のホワイトニング)2神経を処置した歯のホワイトニング(変色した歯のホワイトニング)3

駿河デンタルオフィス専用のアプリダウンロード

治療のご予約や不明点、
ご相談がございましたら
お気軽に下記TEL・メール相談フォーム
からお問い合わせください

ホームページを見たとお伝え下さい

診療時間 日祝
9:00~13:00
14:00~17:30
祝日がある週の木曜は診療致します

2016/11/09