患者さんに選ばれる8つの理由が当院にはあります
診療時間 日祝
9:00~13:00
14:00~17:30

祝日がある週の木曜は診療致します

ホームページを見たとお伝え下さい


根管治療のQ&A

クエッション神経をとった場合、歯に大きな穴があきますが、たくさん削って大丈夫でしょうか?
アンサー神経まで達するような虫歯の場合、まず虫歯をきれいに除去する必要があります。
虫歯は歯の中で(外から見えている以上に)広がっていることが多いです。虫歯を取り残してしまうと、再感染や再治療の可能性が高くなりますので、徹底して虫歯をとります。
そのため、大きな穴が開いた感じになります。しかし、これはしっかりと歯を残す為の治療の大切なステップです。虫歯をしっかりとりきったあとで、噛み合わせの力で割れないように補強をし、形を整えていきます。(隔壁作成・支台築造)

▲Q&A一覧へ戻る

クエッション根管治療をする為にあるいはかぶせものを入れる為に歯ぐき(歯肉)を切る必要があると言われました。そのような処置は絶対に必要なのでしょうか?
アンサー根管治療を適切に行う為には、感染源である虫歯の部分を徹底的に取りきる必要があります。虫歯の進行が歯茎よりも深い部分にまで到達していた場合、その部分の虫歯も当然除去する必要があります。しかし、歯茎より深い部分の虫歯に関しては歯茎から出血がある為、確実な処置を行うことは困難となります。確実な処置を行う為に歯茎を外科的に切り(切除し)ます。歯茎を切る(切除する)ことで、虫歯の確実な除去やかぶせものの型取りなどを適切に行うことができます。なお、歯茎の傷は時間の経過とともに治癒していきます。
歯茎を切らずに処置行うことも不可能ではありませんが、虫歯を取り残したり、適切に型取りができないことがあるため、歯茎を切る場合と比較して再治療になる可能性が高くなることがあります。
よって、治療結果をより確実性のあるものにする為(再治療になる可能性を低くするため)には、必要な場合は歯茎を切る処置をしたほうが良いです。

▲Q&A一覧へ戻る

クエッション根っこの先に病気があると言われたのですが?
アンサー虫歯が深い場合やかつて虫歯を処置した歯が再感染し、根管内に細菌(ばい菌)が入って増殖した場合、根っこの先に病気ができます。これは、根っこの先に細菌が存在する為です。細菌が体の中に入るとからだは免疫(抵抗力)で対応します。細菌の感染が強い時や、ストレスや疲れなどで抵抗力が落ちたときは腫れたり、痛みが出るという急性症状が出ることがあります。
一般的には根の中での細菌感染はからだに対して慢性的で弱い刺激となることが多いため、からだの内部に細菌が入ってこないように防波堤を作ります。この防波堤が根っこの先に病気として=根尖病変としてレントゲン写真で確認されます。根っこの先の歯を支えている骨が溶けてなくなってしまうので、レントゲン写真上では黒く写ります。
原因は根の中の細菌感染なので、根の中をきれいにする根管治療が第一選択となります。

▲Q&A一覧へ戻る

クエッション根管治療をすれば確実に根の先の病気は治りますか?
アンサー根っこの先にできた病気の原因は根管の中の細菌です。その細菌は虫歯が原因のことが多いです。根管治療を行うことで細菌感染を減少させたり、除去します。しかし、根管に感染したすべての細菌を完全に除去することは残念ながら不可能です。なぜならば、歯の形・根管の形は様々で、決してまっすぐではなく曲がっていたり、分岐していたりする為、根管内をきれいにする為の治療用の器具が届かない場所もある為です。
とくに、初めて神経を取る場合の抜髄治療よりも、かつて神経を取ってある歯の再治療=感染根管治療は非常に難易度が上がります。なぜならば本来の歯あるいは根管の形がなくなっている為です。そのため、再治療の場合の方が治療の成功率は低くなります。よって、確実に治るとは言えません。
しかし、治療することで症状の改善が認められることは多いです。

▲Q&A一覧へ戻る

クエッション根管治療が適さない歯はどんな歯ですか?(根管治療が適応とならない歯はどんな歯ですか?)
アンサー歯が割れている場合』や『割れていなくても、大きなひびが入っている場合』です。また『虫歯が非常に深く健康な歯が少ない場合』もです。大きなひびが入っている場合や健康な歯が少ない場合は、根管治療後にしっかりと咬めるようになると歯が割れてしまう為、根管治療の適応になりません。
根管治療が治療のゴールではなく、根管治療後にしっかりと長期間咬めることが治療のゴールだからです。
根管治療で残せない場合の治療の第一選択はインプラント治療です。インプラント治療はブリッジや入れ歯と比べ回りの歯に対して負担がかからないため残っている歯に対して優しい治療となります。
インプラント治療について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

▲Q&A一覧へ戻る

クエッション根管治療をした歯は一生もちますか?
アンサーきっちりと根管治療を行い、その後しっかりとしたかぶせもの(精度の高いぴったりとしたかぶせもの)をいれた歯は10年間で約90%が問題が無いというデータがあります。
根管治療が必要な歯はもともと健康な歯が失われていることが多いため、将来的に歯が割れる(=歯根破折の)可能性が神経がある歯に比べて高くなります。
歯が割れず、再治療の必要の無い状態であればかなり長い期間もつと思われます。ただし、患者様のケアや、かむ力の強さや将来的な噛み合わせの変化なども影響するため「一生使える」とは言い切れません。長持ちさせるためにも、歯科医院で定期的にチェックを受けることも重要です。

▲Q&A一覧へ戻る

クエッション根管治療のゴールとは?
アンサー残念ながら神経を取った歯=根管治療を行った歯は神経のある歯と全く同じではありません。
根管治療した歯の治療のゴールは日常生活に影響の無い状態です。しっかり咬めておいしく食事をすることができ、痛みで仕事が手につかないようなことが無い、体調によっては若干違和感を感じることがあっても、腫れたりするようなことが無い状態が根管治療をした歯のゴールです。

▲Q&A一覧へ戻る

駿河デンタルオフィス専用のアプリダウンロード

治療のご予約や不明点、
ご相談がございましたら
お気軽に下記TEL・メール相談フォーム
からお問い合わせください

ホームページを見たとお伝え下さい

診療時間 日祝
9:00~13:00
14:00~17:30
祝日がある週の木曜は診療致します

2017/08/07