患者さんに選ばれる8つの理由が当院にはあります
診療時間 日祝
9:00~13:00
14:00~17:30

祝日がある週の木曜は診療致します

ホームページを見たとお伝え下さい


初診の方へ

「長持ちする治療=治療結果の永続性」 をコンセプトに治療に取り組んでおります

駿河デンタルオフィスを初めて受診される方へ

数ある歯科医院の中から駿河デンタルオフィスをお選びいただき、
誠にありがとうございます。

質問①です。あなたはどんな時に歯科医院を訪れますか?

 

歯(または歯ぐき)が痛む/しみる 

学校や会社の歯科検診に引っかかってしまった

詰め物、差し歯が取れてしまった

歯が欠けた

歯がグラグラする

歯ぐきや頬が腫れてしまった

歯が抜けてしまった

入れ歯が合わない

着色汚れを取ってほしい

食べ物が詰まりやすくなった

上記にあなたが当院にいらっしゃる理由はありましたでしょうか。
これらは、当院を受診された方の大多数を占める回答です。

では、質問②です。当てはまる項目をお選びください。

 

虫歯の治療が大好き

歯が1~2本なら抜けてもいい

治療費はできる限り高額な方がいい

全身疾患や生活習慣病になりたい

 

《現在 入れ歯が入っている方》

いずれ入れ歯になっても構わない

総入れ歯になっても構わない

現在より安定の悪い入れ歯になっても構わない

以上の項目にひとつでもチェックマークがついた方はいらっしゃいますか。

「こんなバカな質問をして」と思われるかもしれませんが、実は気づかないうちに質問②に「YES」と答えている人が多いのが日本の歯科の現状です。

 
 

年齢と歯の残っている本数の推移

では、この二つの質問にはどんな関係があるのでしょう?

―医療・歯科医療実態調査によると―

年齢と残っている歯の本数の推移
 

・50代で残る歯の平均本数は 23本(5~9本抜けたということ)
・70代で残る歯の平均本数は 13本(15~19本抜けたということ)
・80歳の時に入れ歯になっている確率は50%以上
(50・70代、80歳時は、定期健診を受けた人と受けてない人を含めた平均の数値です。)
 

治療の時のみ歯科医院を訪れる方は、歯を失いやすい傾向にあるようです。

―歯とともに失うもの―
お金、時間、楽しい時間、健康な身体、笑顔

お金や楽しい時間を失う

 
 

歯を多く失う原因

歯を多く失う原因は主に歯周病と虫歯です。

厚労省調べ

  • 歯の残っている数が多い人ほど医療費が低く、診療日数も少ない傾向にある(歯科に限らず)
    ※特に糖尿病及び虚血性心疾患の患者において、その傾向は顕著にみられる
  • 奥歯を失った場合、痴呆症発生率はおよそ40%上昇する
  • 歯を多く失った人は、健康なお口の方と比べ入院確率が5倍に膨らむ
  • 歯を多く失った人は、生活習慣病の罹患率が上がる
    ※食べにくいものが増えることで食生活が偏ったり、かみ砕く能力が低下することで、
    消化不良や食べ過ぎなどの症状を引き起こす可能性がある
残っている歯の本数と医療費の比較

残っている歯の本数が多いほど医療費は少なくなります。(香川県の調査より)

1ヶ月平均医療費

残っている歯の本数が多いほど医療費は少なくなります。(東北大学の調査より)

歯が少ない(または重度の歯周病の)人は

症状があるときのみ来院される患者さんは歯を失いやすいのです。
歯を守ることは、全身の健康を守ることにもつながっているのです。
定期健診がいかに大切かお分かりいただけましたでしょうか?

よい歯科医院を選んでいただくための
ちょっとしたヒント

皆さんは歯科医院を選ぶときに、何を基準にしますか?

  • 「設備が整っているか?」
  • 「医師の経歴はしっかりしているか?」
  • 「院内は清潔に保たれているか?」

どれも大切です。さらに最近はインターネットの口コミを参考にしたり、ホームページで選ぶという人もいるでしょう。

歯科医院のホームページからは、院内の雰囲気や、そのドクターが得意とする分野などを、ある程度知ることができますが、なかには「医学書や医療品メーカーの用意した症例写真」などを使い、「自分の手がけた症例」を紹介していないというものもあります。

本当に技術に自信があるドクターならば、このようなホームページはプライドが許さないはず。もちろん私もそうです。歯科医院のホームページを見るときには、こんなところにも注意してみてください。

また、「お金がかからないほうがいいでしょ」と、当然のことのように保険診療だけを薦める歯科医院や、反対に必要がないのに自由診療をゴリ押しする歯科医院なども要注意。

本来の医療行為とは、「医師のデモンストレーションではなく、患者さんとの共同作業」であるべきです。納得していただけるまで、ていねいなインフォームドコンセントをして、治療の主旨を理解していただく……。そのうえで、最適な診療が自由診療であれば、多少コストがかかるものでも、しっかりとその意味をお伝えできる歯科医院。歯の健康のためには、そんな歯科医院と巡り会うことが必要なのです。
患者さんと歯科医との「よい関係」は、信頼関係から生まれます。両者に信頼関係なくして、よい医療はあり得ません。

初診のご予約はこちらから

 

当院は予約制です。予約をされていない方は予約をお願いします。

患者さんとのコミュニケーションや確実な治療を行うため、事前にご予約いただいた患者さんとの予約時間を最優先しています。緊急を要する場合を除き、受診ご希望の方はお電話での予約をお願いします。
緊急の場合(我慢できない痛み・痛みを伴う腫れ・大きな腫れ・外傷など)は出来るだけ迅速に対応しますが、事前にご予約を頂いている患者さんの予約時間を優先することをご理解ください。
緊急処置が入った場合は治療の順番が前後ないしお待たせする事があることを何卒ご理解ください。
治療に関しては、最大限の治療結果が出るよう常に努めておりますが、医療・医学は万能ではないため残念ながらご期待に添えない結果となることもあることをご理解ください。

お電話の方

初診のご予約は下記までお気軽にお電話下さい。その際に、ご予約の希望日時と、お悩みの内容をお伝え下さい。
※初診時は約60分のお約束をいただいています。
問診票の記入・カルテ作成のため、10~15分前にはご来院いただけると助かります。
なお、平日の夕方16時以降および土曜日は予約がとりにくくなっております。
(平日の夕方16時以降および土曜日を希望される場合 2週間〜1ヶ月後になることがあります)

当院に初めてかかられる方(初診の方)の最終受付時間は夕方16時30分です。
※なお、最終受付時間は平日は夕方16:30となります。(再診の方)
ただし、治療時間を60分確保したい場合は夕方16時00分となります。

駿河デンタルオフィス電話番号 054-260-6655
 
お約束(御予約)の時間に遅れそうな場合、あるいは日時を変更したい場合は早めのご連絡をお願い致します。
特に15分以上の連絡がない遅刻の場合、本来予定していた治療ができない可能性があるためお約束(御予約)の変更をする可能性があります。
(それを無理に治療しようとすると遅刻した時間分だけ治療時間がかかってしまうため次のお約束(御予約)の時間帯の患者さんをお約束の時間に拝見・治療することができなくなる可能性が高いためです。)
無断キャンセルが連続であった場合は以後の予約をお断りする可能性があります。(医院との約束の日時を守れない方と信頼関係を構築するのが困難なためです。)
当院は予約診療制であり、ほとんどの方がお約束の日時に来院されます。
しかし、残念ながらごく一部の方がそうではありません。
効率の良い診療を提供するためご理解・ご協力のほどよろしくお願いします。
 
 
初診予約駿河デンタルオフィスでは、初診でご来院の患者さんみなさまに、簡単なカウンセリングを行っております。どんなお悩み事・不安を抱えているのかなどをきちんとお聞きしてから治療を行います。
痛い箇所以外にも「歯の色・汚れが気になる!」「痛いのが怖い」「過去に、こんな嫌な経験をした」など、不安やお悩み事があれば、何でもご相談下さい。

 

 

 

WEB予約ご希望の方

Web上の専用ページからご予約を簡単にお取りすることができます。

※痛みがある方、お急ぎの方はお電話での予約をお願いします。
ただし、希望とする時間帯に別の方の予約がある場合はご希望に添えないことがあります。

まずはメールで相談したい!

お悩みの相談をご希望される方は、054-260-6655までお電話いただき初診のご予約をいただくか、下記の「お問い合わせフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。
※いただいた相談内容に対してお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。また、初診はすべて保険内での診察となります。

初診時の流れ

STEP1
  問診でお口の状態をお聞かせ下さい

問診写真最初に、お口の状況、お悩みをお伺いします。あわせて、今回の治療において不安なことや、当院へのご要望がございましたら、お気軽にお伝えくださいね。

※対応が難しい場合もございますが、転勤等の都合による期間のご希望などもお話し下さい。
※初診時は約60分のご予約をいただいています。

 

 
 
arrow01
STEP2
  レントゲン写真撮影
レントゲン写真撮影悪い箇所がどのような状態か、どのような治療が必要かを診断するために、レントゲン撮影を行います。適切な治療をするために、正確に状態を把握することは大切ですので、ほぼ全ての患者さんにお願いしております。

なお、当院のデジタルレントゲンは、被ばく量が従来のアナログレントゲンに比べて1/10程となっており身体に優しい設計です。

 
arrow01
STEP3
  診査・診断/応急処置(痛みがある場合)
診査・診断/応急処置レントゲン撮影を終えたら、歯科医師がお口の中の診査・診断を行います。
虫歯の有無・本数、歯肉の状態はどうなのか、どんな治療が適切なのかなどを診断します。

また、痛みがある場合には応急処置を施し、痛みの原因除去を行います。

arrow01

STEP4
  今後の治療のご説明を行います
院長による治療計画の説明痛みの原因は何なのか、どんな状態なのか、これからどのように治療を進めていくのか、どれくらいの治療期間なのかなど、詳しくお伝えさせていただきます。

最初の理解と不安を解消することが、最後まで治療を行う上で非常に重要です。疑問点や不安なことがあれば、お気軽にご質問ください。

arrow01

STEP5
  お会計・次回のお約束をお取り下さい
お会計・次回のお約束初診時は全て保険適用で、3,000円前後で、応急処置がある場合は500円~1,500円が付け加わります。
処置内容によって異なる場合がございますが、ほとんどの場合は上記の範囲内です。
お会計後は、次回のお約束をお取り下さい。

セカンドオピニオンについて

 

セカンドオピニオン歯科に限らず、身体の不具合を抱える患者さんにとって、ひとりのドクターの意見ですべてを決めるというのは、実際にはかなり勇気がいることではないかと思います。セカンドオピニオンとは、そんなときに別の医療従事者の意見を取り入れることですが、当院でもこの受け入れを行っています。

当院にセカンドオピニオンで来られる患者さんの多くが、保険診療での治療効果に満足できなかったり、自由診療でもその内容に不満があったりという方々です。本来であれば、医師と患者さんの間には信頼関係が必要であり、それを築くことも医師の大切な仕事のはず。そして信頼関係が築けていれば、そうそうセカンドオピニオンの必要性もないと思うのですが、それができていないドクターのなんと多いことなのでしょうか。
少なくとも私は、患者さんがセカンドオピニオンの必要性を感じずにすむような治療を目指しています。

駿河デンタルオフィス専用のアプリダウンロード

治療のご予約や不明点、
ご相談がございましたら
お気軽に下記TEL・メール相談フォーム
からお問い合わせください

ホームページを見たとお伝え下さい

診療時間 日祝
9:00~13:00
14:00~17:30
祝日がある週の木曜は診療致します

2017/06/22