患者さんに選ばれる8つの理由が当院にはあります
診療時間 日祝
9:00~13:00
14:00~17:30

祝日がある週の木曜は診療致します

ホームページを見たとお伝え下さい


セレック

精度の高い詰め物・被せ物が即日手に入る「セレック」

 

「セレック」は、本物の歯と見分けがつかないほど美しいセラミックの歯を来院した当日に作れる設備です。コンピュータの解析データをもとにCAD/CAMシステムを使用して自動的に作るため、すぐに作れます。セレックシステム機材画像

 
 
 
最新のセレックシステム「セレック4.03」当院では、ドイツの医療機器メーカー「シロナ社」が開発した最新のセレックシステム「セレックAC」を導入しています。世界トップクラスの精度性能を有するこのシステムを導入している歯科医院は、2014年現在、静岡県では当院を含め約40医院(現行型だけではなく、旧型のセレックを含む)です。従来のセレック以上の機能を持ち、天然歯に近い造形を実現しつつ、設計時間も大きく短縮できます。また、セレックシステムを導入し実際に稼働させている歯科医院は全国で約600医院といわれています。これは全歯科医院の約1%に過ぎません。ちなみに2014年現在、セレックシステムを開発した『シロナ社』の本社のあるドイツではセレックの普及率は約40%です。(現行型だけでなく、旧型を含む)また、セレックで使用するセラミックブロックを作っているヨーロッパの小国であるリヒテンシュタインではセレックの普及率は約55%です。(現行型だけでなく、旧型を含む)
 
 
 
 

CAD/CAMシステム

コンピュータ上で技工物を設計し、3Dデータを使用して自動的にセラミックを加工するシステムです。CAD/CAMの技術は歯科だけでなく、工業界などさまざまな分野で活用されています。CAD/CAMの紹介

セレック治療の流れ

ステップ1
  治療前の状態
銀歯症例 銀歯症例2

症状

部分的な銀歯をかぶせてある歯が痛いときがあった。
たまに冷たいものやあついものにしみる感じもあった。

治療法

銀歯を外し中の虫歯を確実に除去しセレック治療(セラミック治療)を行う事とした。
arrow01

ステップ2
  治療中の状態 銀歯の除去 虫歯の除去
銀歯除去 虫歯除去

『左側の図』が銀歯を外した状態です。銀歯の下には虫歯が広がっていました。
『右側の図』は虫歯をすべてとりきったところです。残念ながら真ん中の歯は虫歯が神経まで到達していたので根管治療(抜髄処置)を行う必要があります。右の奥歯は神経まで虫歯の到達はありませんでした。
arrow01

ステップ3
  撮影(光学印象採得)約10~50秒

お口の中を3D光学カメラで撮影し、コンピュータ上に3Dデータによる歯を再現します。
原則として従来通りの型どりは不要なので短時間で完了するほか、患者様の負担もほとんどありません。

cerec_flow03e cerec_flow03d
上の歯型をス キャンしたところ 下の歯型をス キャンしたところ かみ合った状態(かみ合わせの状態)を スキャンしたところ
上の歯型をス
キャンしたところ
 下の歯型をス
 キャンしたところ
かみ合った状態(かみ合わせの状態)をスキャンしたところ
上の歯と下の歯の位置関係を確認 モニター上でかみ合わせの状態を確認
上の歯と下の歯の位置関係を確認 モニター上でかみ合わせの状態を確認

arrow01

ステップ4
  設計(デザイン)約3~7分

駿河デンタルオフィス院長八田がセレックを操作している画像

削った後の実際の歯の状態を確認 セラミックの外形を設定する
削った後の実際の歯の状態を確認  セラミックの外形を設定する
セラミックが入った後のかみ合わせの状態を確認 さらに角度を変えて確認
セラミックが入った後のかみ合わせの状態を確認 さらに角度を変えて確認

arrow01

ステップ5
  セラミックブロックの削りだし 約5~10分
セラミックのブロックを削りだす準備をする できるだけ歯にあう色のブロックを選ぶ
セラミックのブロックを削りだす準備をする できるだけ歯にあう色のブロックを選ぶ
 
セラミックのブロックを削りだしの機械にセットし、削り出す セレック画像
セラミックのブロックを削りだしの機械にセットし、削り出す

arrow01

ステップ6
  確認・セット
セレックを一旦入れて状態を確認している画像 セラミック用の接着剤で固定させた状態

『左側の図』が削りだしたセラミックを一旦歯に入れて状態を確認しているところです。
『右側の図』はセラミックをセラミック用の接着材でくっつけた後の状態です。
真ん中の歯はまだ治療の途中です。今後、根管治療(抜髄処置)を行います。

セレック治療の治療例

治療前   治療後
セレック治療前 ba_arrow セレック治療後

治療前   治療後
セレック治療前 ba_arrow セレック治療後

治療前   銀歯を外したところ   治療後
セレック治療前 ba_arrow セレック治療中 ba_arrow セレック治療後

セレック治療の特徴

耐久性が高い

セレックで使用するセラミックは耐久性が高く、10年後の生存率が90%以上というデータがあります。

短期間で完了する

通常の症例であれば、撮影からセラミックの装着まで、約1~2時間程度で完了します。

接着力が高い

即日装着のためクリーニング直後のキレイな歯質に取りつけることができ、接着材(セメント)の効果が最大限に発揮されます。
保険で使用される銀歯用の接着材の約8倍もの接着力があるとされます。

身体になじみやすい

高品質なセラミックブロックを使用するため、金属アレルギーをはじめとした身体への影響がありません。

見た目が自然

さまざまな色調のセラミックブロックの中から、患者様の歯の色に近いものを選んで使用するため、自然な見た目に仕上がります。

変色しにくい

セレックのセラミックは歯科用プラスチックのように水分が染み込むことがなく、変色することがほとんどありません。

虫歯になりにくい

即日装着でき、仮の詰め物が不要のため、歯を削った部分に虫歯菌が入り込む危険性が最小限に抑えられます。そのため、虫歯になりにくくなります。

型どりが不要

3D光学カメラで直接お口の中の状態をスキャンして歯の形態をコンピュータに取り込むため、従来の型どりの必要がありません。

治療費:インレー/アンレー(部分的な詰め物)

オールセラミック(セレック) ¥40,000-~¥50,000-

※表示金額は税抜きです

セレック治療Q&A

クエッションセレック治療を受けるためには、まず何をすればいいですか?
アンサーセレックシステムを導入している医院は少ないので(普及率は約1~2%)、まずは取り扱っている歯科医院を探して問い合わせましょう。もちろん、当院にご相談いただければ詳細をご説明します。

▲Q&A一覧へ戻る

クエッションセレックが使えないこともありますか?
アンサー歯周病にかかっている場合や、神経まで達する虫歯がある場合は、そちらを優先して治療してからでなければセレック治療はできません。

▲Q&A一覧へ戻る

クエッションセレック治療で保険は使えますか?
アンサー現在はまだセレック治療に健康保険は使用できません。自由診療になりますので、事前に費用を確かめた上でご検討ください。

▲Q&A一覧へ戻る

クエッションセレック治療にかかる時間はどれくらいですか?
アンサー虫歯の処置から装着までで約1~2時間です。ただし、事前に検査などを行う必要があり、場合によっては先に虫歯や歯周病の治療をすることもありますので、あらかじめご了承ください。虫歯が深く神経まで到達する場合はその日のうちに入りません。

▲Q&A一覧へ戻る

クエッションセレック治療で入れた歯は一生もちますか?
アンサー従来の銀歯や歯科用プラスチックの歯と比べて大幅に長持ちすることは確かですが、患者様のケアや、将来的な噛み合わせの変化なども影響するため「一生使える」とは言い切れません。長持ちさせるためにも、歯科医院で定期的にチェックを受けましょう。

 
駿河デンタルオフィス専用のアプリダウンロード

治療のご予約や不明点、
ご相談がございましたら
お気軽に下記TEL・メール相談フォーム
からお問い合わせください

ホームページを見たとお伝え下さい

診療時間 日祝
9:00~13:00
14:00~17:30
祝日がある週の木曜は診療致します

2017/01/23