患者さんに選ばれる8つの理由が当院にはあります
診療時間 日祝
9:00~13:00
14:00~17:30

祝日がある週の木曜は診療致します

ホームページを見たとお伝え下さい


News Blog スタッフブログ

バイオガイアアカデミーベーシックコースを受講しました

みなさんお久しぶりです。歯科助手の深澤です。産休・育休によりお休みをいただいておりましたが、5月より職場復帰しました。「おかえりなさい」と患者さんから声をかけていただくこともあり、嬉しく思います。またよろしくお願い致します。

さて、7月22日(日)品川にてバイオガイア社主催のバイオガイアアカデミーベーシックコースを受講しました。バクテリアセラピーの基礎的な知識習得と歯科の現場での活用についての内容でした。

みなさん、バクテリアセラピーという言葉はご存知ですか。バクテリアセラピーとは簡単にいうと善玉菌を利用した細菌療法です。私たちの体には多くの常在菌が存在します。
一番多く存在する腸内で500種100兆個以上の菌がいます。その菌のバランスにより、私たちの健康が保たれています。その常在菌を善玉菌を利用しコントロールすることで治療の助けや病気の予防といった効果を得る最先端の予防医療技術がバクテリアセラピーです。

最近テレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」でも「菌活」が取り上げられ、「L.ロイテリ菌」という乳酸菌が紹介されていました。今回学んだ主な細菌もこの「L.ロイテリ菌」になります。
善玉菌を摂取すればなんでもいいというわけではありません。効果と安全性が確認された有益な細菌であることが大切です。乳酸菌ときくと胃腸に効果があるように感じるかと思います。胃腸だけでなく、お口の中のバランスも整えてくれるものがロイテリ菌であり、数多く存在する乳酸菌の中でもオールマイティーで優秀な乳酸菌なのです。

そんなロイテリ菌について簡単にご紹介します。
アンデスの山奥に住む女性の母乳から分離したヒト由来の乳酸菌
・病原菌の発育を抑制するロイテリンという抗菌物質の産生
・消化管内でも生存できる耐性

 

  • 病原菌の発育を抑制するロイテリンという抗菌物質の産生
  • 消化管内でも生存できる耐性
  • 有益な常在菌に一切影響しない
  • 良好な加工性・安定性・安全性
  • 科学的根拠に基づいた効果

ヒト由来なので定着力が強く、安心で、排他的ではないので菌の多様性をコントロールし、いいバランスに保ってくれます。腸内だけでなく、複数の菌が存在するお口の中でも同様です。虫歯や歯周病菌といった有害な菌をコントロールすることができます。歯周病菌はお口の中から血管を通り体全体に回ることで心臓病や脳卒中、早産や低体重といったリスクにつながることも証明されています。体の不調を治すためにまず体の入り口であるお口の環境を整えることはとても重要です。

近年は抗菌や殺菌といった無菌への意識が高まっています。しかし、私たちは常に様々な菌とともに生きているので、極端な無菌への意識は体にとって有益な菌も遠ざけてしまうことがあります。お口も体も健康に保つには、上手に菌を活用し、共存することが大切だと講義を受けて感じました。

ロイテリ菌を摂取できるものは当院で取り扱っている「プロデンティス」という商品です。

タブレットになっていて、ヨーグルトなどよりも乳酸菌の配合が多くなっています。1日1回なめて溶かして摂取します。おすすめは就寝前です。どのような菌においても効果を得るためには菌が定着するまで一定期間摂取し続ける必要があります。また人により定着や効果を実感できるまでの時間は異なります。そのため患者さんにはまずは1ヶ月毎日摂取してもらうことをおすすめします。続けることで、歯周病が改善される、朝お口がネバネバしない、胃腸の調子がいい、便秘が解消される、アレルギー症状が緩和されるなど効果が期待できます。また、まだ夜泣きの多い1歳の我が子ですが、リキッドタイプのロイテリ菌を摂取するようになり夜泣きの回数が減りました。小さな子供から高齢者の方、持病をお持ちの方など副作用の心配なく幅広く摂取していただくことができます。気になる方はぜひお試しください。

みなさんのお口の健康、体の健康のためにロイテリ菌を活用していただくため、今後学んだ知識を活用できればと考えています。乳酸菌に関すること、プロデンティスにかんすることなどで気になることがありましたら、気軽に質問をしてください。

-News, Blog, スタッフブログ